リノベーション・リフォームのブログ

福島県でも「リノベーション住宅」が今後増える兆し?メリット・デメリットは?

「中古住宅を購入してリノベーション」は新しい住み方の一つとして、大変注目されています。今後も増えていくと予測しています。その理由は、家を建てる際のある問題を解決できるケースがあるからです。それではどんな問題なのでしょうか、詳しくご紹介します。

リノベーションとは

中古住宅を購入して長く住まうための構造や性能面を補強したり、以前住んでいた人の間取りから自分のライフスタイルに合わせて空間設計をし直したり、デザインを刷新したりと、まるで新築を建てるのように住宅の価値を高めた住宅です。使えるものは使う、使えないものは交換したり補強をします。新しい住み替えの方法として注目を浴びており、福島県内でも需要は高まっています。弊社の不動産再生事業の一つとして取り組み、マンションから一戸建てなど多くの施工実績があります。

なぜ、リノベーション住宅が選ばれるのか?

よく、新築を検討されている方が先に進みにくくなる「予算」と「土地」の問題を解決できる特徴があるからです。

例えば、土地を買って、注文住宅で家を建てるとしたら郡山市の中心地なら3000万~4000万はかかると思います。土地+新築は予算オーバーという場合も、中古住宅で使えるものは使える、予算にあわせて直すということができる場合があります。また、中心地で土地を探してみても、よい土地はほとんど出てこない現状です。中心地に住みたいということが優先である場合、土地付きの中古住宅を買ってリノベーションするという選択で住みたいエリアにすむという課題をクリアすることができるのです。

このように予算や住みたい土地を探していて行き詰まり、先に進まない場合に「中古住宅+リノベーション」で解決する場合も多いのです。

中古住宅の選択はマンションや一戸建てがありそれぞれが「リノベーション」という施しによって新築と同じくらいに住宅の価値を高めることが可能となってきました。新築の注文住宅と同様に予算やこだわり、ライフスタイルに合わせて作り上げていくことができます。

中古住宅のリノベーションのメリット・デメリット

良いことばかりではありません、メリットデメリットを知った上でリノベーション住宅の特徴を認識することが重要です。

  • メリット
    ・予算に合わせられる
    ・そもそも土地が無い場合に選択肢として選べる
    ・自分のライフスタイルに合わせて間取り・デザインを刷新できる
  • デメリット
    ・中古住宅の構造・性能を調査する手間がかかる
    ・間取りや使い勝手は以前の所有者仕様のため、施工費用や時間を見極めなければいけない
    ・一戸建てのプレハブ住宅など、リノベーションできない物件も存在する

リフォームとはどうちがうの?

リフォームは古くなってしまった設備、内装を新品に入れ替えて直す、元に戻してきれいにすることです。基本的にもとに戻す行為なので、もともとの使い勝手や機能は変化はない場合が多いもので、中古住宅購入した場合のリフォームは今まで住んでいた人の仕様であるため、その人の家を改修して住める状態に戻すということになります。

リノベーション住宅とは、新しく購入された人が長く住めるための仕様と新築のように新しい家としての価値を引き上げることに他なりません。これから30年または50年も先まで住めるような新築のようなこだわり、性能、構造すべてを高めていくことになります。

中古住宅はそもそも古くて大丈夫なの?という不安は?

リノベーションという手段自体が新築と同じように長く住めることが前提の住み替えの手段であり、バースランドではリノベーション住宅の普及を促進し、安心安全の基準を定めているリノベーション協議会に加盟していて、「適合R住宅」という安心安全なリノベーション住宅を提供しています。

新しい住み方として注目を浴びているリノベーション住宅

全国的にも、福島県内でも需要が高まっているリノベーション住宅については、バースランドでも不動産再生事業として取り組んでおり、マンションから一戸建てなど多くの施工実績があります。
新築をご検討されている方こそ、住み方の新たなる選択肢としてのリノベーション住宅をも、同時に平行に考えてみると、ご自分にぴったりの暮らし方が見つかるかもしれませんね。